うなぎ亭 友栄  (小田原市) 厳しい職人の技と素材の良さが冴えた 最高のうなぎをご賞味下さい。
うなぎ亭 友栄は、旬のお通し ~旬の味覚を目と舌で~ 鰻だけじゃない!創作料理も自慢です。

うなぎの焼き方等、ご要望がございましたら、ご遠慮なくお申し付けくださいませ。
  • うなぎ亭 友栄 近隣観光

    うなぎ亭 友栄 近隣観光

  • うなぎ亭 友栄 近隣観光

    うなぎ亭 友栄 近隣観光

うなぎ亭 友栄 〒250-0032 神奈川県小田原市風祭157 電話 0465-23-1011

歴史的な建造物や、数々のおいしい味覚に出会える・・・。城下町・小田原、自然豊かな箱根は懐かしくて新しい、とても魅力的な町なのです。

sample
sample

小田原観光

※入場料等変更されている場合があります。各施設にご確認下さい。

※【参考】小田原観光協会はこちら

1.小田原城跡 歴史の城下町、言わずと知れた小田原のシンボル

関八州を把握した北条早雲の城。城が建造されたのは明応4年(1495年)と伝えられる。豊臣秀吉の小田原攻めにより滅んだが、現 在の天守閣は昭和35年に復元され、その堂々とした姿は今も健在。周囲は城址公園として整備され、動物園や子供向けの遊園地もある。公園南の堀端には樹齢 150年の御感の藤があり、初夏が見ごろ。多くの見物客で賑わう。
天守閣入場は小田原城歴史見聞館と共通で600円。

2.報徳二宮神社 城址公園内に位置する神社。おしゃれなカフェやレストランも隣接

小田原城址公園内にあり、二宮尊徳を祭った神社。明治25年(1892年)に創建された。隣接する尊徳博物館では尊徳の偉業を偲ぶ遺品や、小田原の歴史資料なども展示されている。結婚式ができる報徳会館にはおしゃれなカフェやチャイニーズレストランもあり、お食事やティータイムにぜひおすすめのスポット。

3.柳屋 うす皮パンの中には餡がたっぷり。売り切れにご注意!

数種類あるうす皮あんぱんは一度食べたら忘れられないおいしさ。定番のあんぱんに加えて季節の限定品もあるのでたびたび立ち寄りたくなる。上品な小ぶりなあんぱんは、お饅頭のようなかわいらしい丸型で、お土産にも喜ばれそう。

4.ういろう 小田原ときたら蒲鉾とういろう国道一号線のシンボル的存在

「ういろう」と聞いて名古屋名物の和菓子とはお待ちがいなく。小田原の「ういろう」とは言ってみれば日本最古の高貴薬。1523年に北条早雲より招かれた外郎(ウイロー)藤右衛門製造の「懐中必帯之霊剤ういらう」。銀色の小さな粒を服用すれば、胃痛、食中毒、頭痛などに効果あり。遠方から買い求めに訪れるお客も多い。

5.太閤一夜城 跡 今はハイキングコースとして親しまれる眺めのいいスポット。

秀吉の小田原攻めの際に、一夜にして築城されたという有名な一夜城。本丸跡や井戸などが残り、石垣山城跡として国の史跡に指定されている。JR早川駅からは徒歩40分のハイキングコースが整備され、観光客に親しまれている。

6.神奈川県立生命の星地球博物館生命の営みをテーマにしたスケールの大きな博物館

入生田駅から程近くの県立の大規模な施設。まずは建物のスケールの大きさに圧巻!中に入ると46億年にわたる地球と、生命の営みをテーマに構成されるその内容もスケールが大きい。数多くの見所があるが、中でもハイビジョンのミュージアムシアターは、子どもも大人も楽しみ学べる内容となっている。入館料は 510円。月曜・祝日の翌日休。

7.鈴廣本店 小田原名物と言えばやはり蒲鉾!

小田原には実に多くの蒲鉾屋が軒を連ねる。どの店も古くから由緒正しき名店ばかり。鈴廣本店は国道一号線の両脇に蒲鉾屋、レストラン、小さな美術館など見て、食べて楽しい、一観光スポットとしても大きな存在。国道一号線風祭付近ははじめて通る人でも決して見落とすことないくらい連日観光客で賑わっている。

8.長興山紹太寺 森樹齢320年。妖艶なしだれ桜は一見の価値あり

入生田駅から徒歩5分。江戸時代の初期、小田原藩主であった稲葉一族の菩提寺となっている。徳川家光の乳母、春日の局の墓があることでも有名。しだれ桜の見ごろは3月下旬から4月上旬。山から見下ろす景色の美しさは、桜の季節のみならず、観光客の心を魅了する。

箱根観光

※入場料等変更されている場合があります。各施設にご確認下さい。

※【参考】箱根町観光協会はこちら

1.仙石原大原ススキ 秋の箱根の風物詩一面のススキに感激!

仙石原の中心部から湖尻方面へ向かう県道沿いに広がる仙石原大原のススキ。台ヶ岳の北斜面いっぱいにススキの穂が風にゆれる景色は神奈川の景勝50 選の1つに選ばれるほど。 見ごろは9月から11月上旬。 ススキを保護する目的で毎年春先に野焼きが行われる。広大な草原が真っ赤な火で燃え尽くされます。また、毎年8/25・26にはすすきまつりが仙石原文化センター広場で行われます。

2.大湧谷 自然の力に圧倒!噴煙の中でたまごをパクリ!

約4000年前、箱根火山末期の活動でできたのが大涌谷。岩肌から水蒸気や温泉が噴出す荒涼とした風景は閻魔台。地獄沢では温泉を造成して強羅や仙石原へ供給している。いずれも立ち入り禁止。ロープウェイや研究路から眺めることができます。 大涌谷の名物はなんと言っても温泉たまご。80℃の温泉池で10分から15分ほど茹でその後、90℃から100℃に熱せられた蒸し窯で5分ほど蒸されます。表面が黒いのは、温泉に含まれる硫化水素と鉄分が結合し、硫化鉄になったため。温泉の成分が浸透しているので1つ食べれば7年の寿命が延びるとか!

3.芦ノ湖 森と湖、箱根にきたら必ず立ち寄るスポット

芦ノ湖は約4000年前の火山活動によってできた火口原湖で、海抜725m、周囲21km、最深部44mの不凍湖です。芦ノ湖より流れ出した水は、早川となり美しい渓谷を形つくっています。 芦ノ湖での定番はやはりボート。湖尻から桃源台の湖岸には、貸しボートがあり湖からの景色を楽しむには最高!3人乗りのかわいい白鳥型ボートは30分 1500円、ロウボートは2人乗り、30分600円。天気の良い日には富士山とともに楽しめます。 芦ノ湖を巡る観光船は、双胴旅客船を使用している 伊豆箱根鉄道とおとぎの国の海賊船を就航させている箱根観光船の2社。舟によって発着所やコースが違うので違う船に何度か乗ってみるのも面白い。

4.早雲山 明星ヶ岳から相模湾まで景観が見渡せる。

強羅から早雲山まで高低差214mの急坂を真っすぐ上るケーブルカー。平成7年にスマートなスイス生まれの車両に一新されました。のぼるにつれて広大な視野が広がります。 山々に囲まれた眺めのいい美術館ケーブルカーの終点早雲山駅のすぐそば、強羅温泉を下に前には箱根外輪山が広がっています。近代的な建物で唐三彩などの中国陶器と、彫刻家ヘンリー・ムーア700点は見ごたえあり。

5.駒ケ岳 のんびり景観を楽しむレジャーゾーン。

標高1327m、頂上はお椀を伏せたような穏やかな山容。箱根園から一気に全長1800mのロープーウェイで上がれば芦ノ湖と外輪山の絶景が一望出来ます。反対側の芦ノ湖方面から急勾配を上がるケーブルカーもあります。駒形元神社の駒形権現をお参りして噴火口跡をめぐり、大展望を楽しみましょう。大涌谷へのハイキングコースがあります。

6.元箱根  箱根神社の門前町芦ノ湖畔沿いに賑わう町

元箱根から箱根町に通じる国道1号のすぐ脇箱根旧街道の約1kmに残る樹齢350年ほどの老樹。1618年(元和4年)箱根宿が設置されたころに川越城主松平正綱が植えたと言われています。周囲2m~4m半の巨木が約420本残っており、並木の中はひんやりとして薄暗く、街道の往時を偲ぶことが出来ます。当時の取締りの厳しさがわかる有名な箱根関所跡 恩賜箱根公園の南側にあり、箱根宿の入口に江戸防備と治安維持のためいわゆる「入り鉄砲と出女」が厳しく取り締まりを受けました。当時の資料から番所だけが復元され、役人や人見女の等身大人形が置かれています。

7.箱根湯本 箱根湯本 温泉・宿がひしめく箱根の玄関口

箱根の玄関、歴史も規模も大きい 箱根湯本。表通りは土産物店で賑わい、渓谷沿いや旧街道沿いには名所・旧跡が点在しています。名物の大名行列は11/3に行われ、小田原藩の行列を模したもの。総勢180名が露払いの奴さんを先頭に「下に下に」の掛け声とともに旧街道を練り歩きます。 北条早雲遺命の寺 禅寺らしい落ち着いた雰囲気の早雲寺。北条早雲の遺命により建てられた北条一族の菩提寺で、北条氏五代の墓があります。修行の寺なので本堂内部は拝観できませんが背後の早雲公園の散策は楽しい。 箱根越えを体験! 小田原箱根口から芦ノ湖畔までの四里、ここから三島までの下り四里を箱根八里といいます。旧街道石畳は国の指定史跡で女転し坂、猿滑坂など難所とされた箱根越えの様子が伺えます。

うなぎ亭 友栄は、箱根の入り口にございます。(国道1号 東京方面から)

★うなぎの焼き方等、ご要望がございましたら、ご遠慮なくお申し付けくださいませ。★

小田原市のお天気
箱根のお天気
道路交通情報
小田原市観光協会
箱根町観光協会
真鶴町観光協会
箱根の交通情報
箱根湯本・日帰り温泉「湯の里(おかだ)」

うなぎ亭 友栄 ページトップへ